スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

御代田町を稼ぐ自治体に!小園ひろしの考える新しいふるさと納税のあらまし

御代田町のふるさと納税制度を、劇的に変えます!! ふるさと納税制度に関しては、一部自治体と総務省のバトルが発生するなど、なんだか物騒な感じを持つかたもいると思います。

>>総務省vs自治体 見えない「ふるさと納税」バトルの着地点
野田聖子総務相は「一部の突出した事例によって、ふるさと納税のイメージが傷つき、制度が否定されることになりかねない」と返礼品の早期見直しを求めた。~SANKEI NEWSより
しかし、自治体にとって、独自施策に関して財源の問題をクリアするチャンスであることはかわりありません。ふるさと納税の受入額・受け入れ件数は、2015年から急激に伸びてきています。


小園ひろしは、御代田の顔となる各種の取り組みについて、クラウドファンディングの手法を用い、小園のこれまでの人脈も生かして、御代田に財源をもたらします。

クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、社会・政治運動、ベンチャー企業への出資、映画、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。~Wikipediaより
取り組みは、私的に始まったものであっても、一定の実績と公的性格をもったものについては排除せず検討していきます。

小園ひろしの今のところの考えでは、

(1)数年前、惜しまれつつ伐採されてしまった桜並木の丸太を材料としたコカリナを毎年小学6年生に贈る取り組み

(2)カーリングホールみよたに関する取り組み

(3)子どもたちの食育を守る御代田独自の取り組み

などが念頭にあります。

総花的ではなく、町が本気で応援する事業に重点を置き、全国からお金を集めていく仕組みづくりに真剣に取り組みます。

【御代田町:平成29年度ふるさと納税活用事業メニュー】 御代田町のホームページによると、平成27年9月からふるさと納税お礼品事業を開始し、平成29年度のふるさと納税(寄附)額は、2,268名の方より、64,285,000円の寄附を集めたようです。


長野県下では、日本経済新聞の「ふるさと納税寄付額、長野県伊那市が全国2位」*によると 伊那市が約72億円(全国2位)、小谷村は約27億円(全国12位)、飯山市は約11億円、安曇野市の約8億円となっていて、御代田町はまだまだがんばらないといけ…

最新の投稿

イメージ

御代田町長選挙 2019 「小園ひろし 第一声!」

イメージ

小園ひろしが紹介する「御代田町19の区」

イメージ

子供の教育に悩んでいる親御さんに伝えたい!小学生の基礎学力向上の決定打!小園ひろしの放課後寺子屋構想

イメージ

変わらないことがリスク!小園ひろしが予測する「変革のない御代田町」の50年後は、家賃よりも国保税が高い!

イメージ

小園ひろしが御代田に「循環バス」が必要だと思う理由